« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

旅のおわり世界のはじまり/長いお別れ

12月15日

日曜日、黒沢清の「旅のおわり世界のはじまり」目当てに高田馬場まで行ってきました。

旅のおわり世界のはじまり

ウズベキスタンは、こんなに異国なのかと思うほど、前田敦子が道路を横切り、街をさまように、孤独感が映されるのだな。ヒッチコックの「引き裂かれたカーテン」は、あまり評価されていない作品ですが、言葉が通じない異国という点と、ミュージカル女優のジュリー・アンドリュースが出ていて歌を歌いそうで歌わないのだが、この映画ではアルプスならぬウズベキスタンの山の上で、「愛の讃歌」を日本語で歌う前田敦子に感動だよ。

 

長いお別れ

山崎努が認知症の老人の役で死んでいくまでの長いお別れの映画。アメリカのシーンは日本で撮影したのかな。蒼井優、竹内結子、松原智恵子みんな良いですね。黒澤明の「天国と地獄」で犯人役だった山崎努が認知症の役とは時代だね。

| | コメント (0)

フィルメックス映画祭

11月28日

2000年から続いているこの映画祭何かしらの映画を毎回見ていて皆勤なのだが、今回ピンチだったが、会社休んで、11月28日に朝から3本見ました。これにて映画祭も今年は終わりかな?

ふゆの獣

監督の内田伸輝と、出演俳優の高木公介が舞台で上映前に挨拶をした。男2人、女2人での恋愛の辛みが、修羅場のようになり面白い。はじめは、これは何と思っていたが、やがて4人の関係が明らかになってきて、愛憎ちうのか恋愛の修羅場みたいになってくる。こんな現場には居たくないが、映画の中で見るのは面白い。

春江水暖

女は歩いて、男は平泳ぎで目的のところまで行く。長廻しで撮影されているが面白いですね。

昨夜、あなたが微笑んでいた

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »