グルメ・クッキング

根津散歩

12月8日
根津の蕎麦屋で一杯やろうと根津に出かける。5時半に店に着くも、予約で満席でした。夜7時からなら席を用意出来るということだったが、横浜に住むアンリ達にとっては帰りが遅くなってしまう。また7時まで1時間半も時間を潰すアイディアもなかった。
八重垣煎餅でせんべい買った後は、「串猿」なる居酒屋に入る。面白い店だ。焼き鳥系串と串揚げとおでんがある。私の好きなハムカツもあるので、ハムカツ注文です。ホッピーセット、ホッピー中に入っているアルコールは量がある。アンリ好みです。酔った割に意外に支払いは少なかった。蕎麦屋で一杯が頭にこびりついていたので、串揚げやおでんの頭・胃袋でなかった訳であまり食べなかったのだな。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓呼の町

11月24日
木下恵介特集で東劇に出かける。

歓呼の町
戦争で疎開して住む人々が減った町を舞台にした戦時協力映画です。冒頭、町の人々の朝の挨拶で各人物の状況を説明して人生模様を描く。終盤は戦時協力映画色が色濃く出るが、面白かった。上原謙は、近所に住む水戸光子に求愛しているが彼女の母親が結婚を許さぬ間に、死んでしまうテスト飛行士の役です。飛行機は出てこない。死んだことも電話で知らされるのみ。クレジットも出ない作品だったけれど、フィルムは完全に残っているものだろうか。

夕飯は銀座八丁目の「お多幸」でおでんを食べる。1990年代に銀座の別の場所だが同じ名前の店に寄らしてもらった記憶がある。箸袋を見ると3店舗だけ記載されている。現在は3店舗だけなのか、銀座はこの八丁目店だけですね。銀座プライスのおでん食べる。おいしかった。小津安二郎もこのおでんを食べたらしいことを貴田庄著「小津安二郎東京グルメ案内」で読んだが、銀座から日本橋に移った「お多幸本店」というおでん店もあるので小津が食べた店がどこだかは定かでは無い。アンリが昔行ったのは、「お多幸本店」だったかもしれない。6990円なり、クレジットカードで払う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベリーニ

ベリーニ
7月2日
昨日関内で買ってきたベリーニを食前酒で飲む。つまみは鎌倉ハムです。ベネチアの夏の名物でもあるベリーニですが、そろそろベネチアでも飲まれている頃かな。
チンチン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺヤング激辛やきそば

3月25日

山形から買ってきた「ぺヤング激辛やきそば」を昼食べた。「辛みが強いので、、、」などという注意書きが書いてあったが、辛いのは好きだからと食べたみた。今まで辛いものを食べたときに、いきなり「むせる」、「咳き込む」ことはあったし、口に入れてからしばらくしてからのどの奥が辛いと感じることはあったが、今回は違った。舌の先がいきなりしびれた。焼きそばを食べながら、舌がしびれているのがわかるので、水を飲むのだが、水では辛さのしびれは取れない。白飯をチェイサー代わりに食べたのは、横浜中華街の黒いマーボー豆腐を食べたときであるが、同じように白飯が欲しかったが、白飯はこういうときに限ってないのだ。日本人だから、パンを食うことはしないといつも言っているアンリであるが、本日は禁を犯して(???)、家にあったパンを辛さを中和させるための口直しで食べた。チーママと二人で激辛やきそばニつ食べたが、二人で1つでよかったかね。辛いものを食べると時々あるが、歩くと少し平衡感覚が狂ってしまい目が回っていると言うか体を真っすぐにして歩けない状態になることがある。この状態の感覚が好きであるが、久しぶりにこの感覚を味わった。

この「ぺヤング激辛やきそば」は、私の住んでいる近辺(横浜だよ)ではまだスーパーで見かけないが、売り出すのであろうか?インターネットで検索する限り、すでに東北地方だけの販売ではなさそうであるが、我が生活圏では見かけない。また食べたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田で晩飯

9月8日
今晩は秋田で晩飯だ。ホテルに置いてあったクーポン付きチラシを今回はアンリが持って、秋田駅周辺を探す。秋田長屋酒場秋田駅前店に行く。座敷は肘掛けがあり、時代劇の悪代官と銚子屋だか秋田屋だかの会話、「もそっと近くへ」、ひそひそ話が出来ない距離になる。
秋田といえば日の丸酒造のまんさくの花である。まんさくの花も飲んだが、日の丸という酒もあったから飲んだ。鬼の大根おろしという料理は、大根おろしの上に具揚げ玉と鰹節と何だったけなが載っているものだが、アンリ好みの肴だ。チーママ曰くこの手の料理なら家でも作れると。それではそのうち食べられるかな。
やはり割安感ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟で晩飯

9月7日
新潟で晩飯だ。ホテルに置いてあったクーポン付きチラシをチーママが見つけた。チラシ持って佐渡料理の店「あづま亭」に行く。
もずくす400円、佐渡の岩から取れた太いもずくに驚く。鰤大根400円。値段の割に量が多い。味もよろしい。新潟ではこの店しか入らなかったが、何か割安感がある。店によって量や価格が違うのは当たり前だが、関東では何処に入ってもだいたいの相場というものを感じる。やはり割安感ある。
いろいろな酒がある。これまた嬉しかった。越後の銘酒という品書きがあり、300円代から400円代でたくさんの酒がありました。高千代、白雁何て飲んだ。
この店大当たりだ。チーママの鼻は利くのだ。
結局二人で8千円、のどぐろなど食べたから、案外使ったなあ。まあ金は天下の回りものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビストロ.フジハラ訪問

ビストロフジハラ
デセールの種類の多さに前回同様驚く。前回と同じ3500円のコースを注文する。アラカルトで頼むより格安だから、アラカルトで頼みたいという欲望にかられながら、コースなのだ。オードブルというのか最初のアントレは3種類の小皿だった。オードブルはハムのサラダ。この時前回も食べたと思い出した。スープは、トマト味にホタ
テが入っている。前回も同じく食べたかな。魚は鯛とシャケだったかな。肉は、ハムステーキ。ハムステーキの下にあるポテトがうまかった。
そして前述のデセール。エスプレッソがあるのも嬉しい。3千円のワインボトルを頼んだので料金は二人で一万円でした。これも前回と同じだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋煮うどん

芋煮うどん
10月に山形のコンビニで買ったどん兵衛芋煮うどんを家で昼飯として食べてみた。東北限定とあるので関東で買えるどん兵衛と違うかな。麺がおいしいけれど、関東のどん兵衛もこのめんなのかしら?芋煮自体は、かすかに芋だと感じる程度だけれど、まあおいしかったと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009吟醸新酒祭

2009吟醸新酒祭に行って来ました。半期に一度の吟醸酒の会です。六時ちょっと前に会場有楽町交通会館に到着。地下の満留賀でそばを食べて腹ごしらえ。肴は出ないから致し方ない。
六時ちょっと過ぎに12階の会場に行った。まずはお目当てのまんさくの花、賀茂泉、梅錦等を飲む。その後は気分のおもむくまま、いや成り行きで日本一周だ。最近は女性が増えたなあ。ペンと酒リストを持って各酒造のブースを回る人々を見て何か異様な感じがするが、アンリも仲間か。類は友を呼ぶか。アンリはメモはしないで純粋に飲むだけだが。
中には隠れてピーナッツか煎餅だかを食べている輩がいる。毎度のことだが。エレベーターで一緒だった帽子をかぶったおじさんもピーナッツだか煎餅を食べました。女性一人で来ておもしろむろにハンドバックからつまみを出して食べてました。
一時間も飲んで十分です。帰りしなに、会場の前の椅子で眠りほうけているおじさん、酒弱いのに飲んだのかな。きき酒一時間飲んでこうはならない。弱いのに飲んだのかな。驚きました。
          

| | コメント (0) | トラックバック (0)